JPマーケティング株式会社

メールでのお問合せ

平成28年診療報酬改定と「クリニック」の対応策

平成28年診療報酬改定と「クリニック」の対応策
商品名 平成28年診療報酬改定と「クリニック」の対応策
商品番号 0137-01
販売価格 19,000 円+税
個数
※配送は、基本的に土日祝日を除いた翌営業日です。
カートに入れる
平成28年度の診療報酬改定と〔クリニック〕の対応策をマスターできます。

平成28年度の診療報酬改定が公表されました。

その内容は、今後訪れる超高齢化社会への対応や医薬品に関する適正使用の推進、地域包括ケアシステムなどのように効果的・効率的で質の高い医療提供体制の構築法など様々な項目があります。

そこで、これらの項目を実践の医療経営で活かせるように重要な項目からピックアップして解説します。

〔この講座で解説するポイント〕

◇平成28年度診療報酬改定の基本方針

◇在宅復帰率要件見直し

◇入院中の他医療機関受診時における減算規定の緩和

◇看護職員と看護補助者の業務分担の推進

◇認知症に対する主治医機能の評価

◇地域包括診療料等の施設基準の緩和

◇小児科におけるかかりつけ医の評価

◇栄養食事指導の対象及び指導内容の拡充

◇退院支援に関する評価の充実

◇長期にわたって医学管理の必要性が高い疾病・処置等

◇在宅医療における重症度・居住場所に応じた評価

◇在宅医療における看取り実績に関する評価の実績

◇在宅自己注射指導管理料の見直し

◇病院・診療所からの訪問看護の評価

◇衛生材料等の提供についての評価

◇複数の実施主体による訪問看護の組合せの整理

◇紹介状なしの大病院受診時の定額負担の導入

◇診療情報提供書等の電子的な送受に関する評価

◇摂取機能療法の対象の明確化等

◇がん治療中の外来患者の在宅医療への連携の充実

◇緩和ケア病棟における在宅医療支援の充実

◇診療所型認知症疾患医療センターの評価

◇向精神薬の適切な処方の推進

◇難病法の施行に伴う指定難病の診察の評価

◇多剤投薬の患者の減薬を伴う指導の評価

◇医薬品の適正使用の推進

◇ニコチン依存症管理料の対象患者の拡大

◇人工透析患者の下肢末梢動脈疾患重症化予防の評価

◇自施設交付割合に応じたコンタクトレンズ検査料の見直し

◇人工腎臓の適正な評価

◇入院時の経腸栄養用製品の使用に係る給付の見直し

◇高齢化による今後の課題

◇診療所の経営戦略

など



収録時間 2時間 ◆DVD1枚+詳しいテキスト(165ページ)

⇒ 特別価格 19,000円+税

※平成28年3月31日まで


⇒ 定価 24,000円+税

[タイトル]平成28年診療報酬改定と「クリニック」の対応策

[講師名]中林 梓

[ジャンル]医療経営

[発売月]2015-08



〔講師紹介〕

中林 梓(ASK梓診療報酬研究所)

医療経営のコンサルタントとして全国で活躍中。

特に診療報酬に関しては、第一人者として、多くの医療機関やコンサルタントからも一目置かれる存在である。

「診療報酬改定のDVD」でも、平成20年、平成22年、平成24年、平成26年と当社から発行してベストセラーとなる。

平成27年版の介護報酬改定DVDも非常に好評であった。

また、執筆・講演も非常に好評で、全国の医療機関や医師会で講演し非常に好評である。