JPマーケティング株式会社

メールでのお問合せ

グループ法人税制における無対価取引の税務

グループ法人税制における無対価取引の税務
オススメ
商品名 グループ法人税制における無対価取引の税務
商品番号 0060-01
販売価格 20,000 円+税
個数
※配送は、基本的に土日祝日を除いた翌営業日です。
カートに入れる
グループ法人税制が導入されて、グループ内における〔無対価取引〕という取扱いが出てきましたが、個人株主への影響資本等取引、同族会社等の行為計算の否認など中小企業にも様々な影響を及ぼしてきます。これら理解しにくい取扱いを、佐藤先生がわかりやすく解説します。

〔講座のポイント〕

◇グループ法人税制と〔無対価取引〕における関係

◇個人による完全支配関係がある場合の取扱い

◇子会社に対して贈与を行った後に合併を行った場合

◇子会社に対して贈与を行った後に清算した場合

◇親子会社関係と増資について

◇自己株式の無償取得と〔法人株主〕〔個人株主〕との課税関係

◇既存株主における課税関係

◇株式の有利発行と〔同族会社〕〔贈与税〕の関係

◇オウブンシャ・ホールディングス事件と租税回避行為

◇100%グループ内の適格合併について

◇合併法人における税務処理について

◇被合併法人の資産状況と税務の問題 

◇分社型分割と分割型分割の税制適格要件など

収録時間 3時間 ◆DVD+テキスト

定 価 20,000円+税

[タイトル]]グループ法人税制における無対価取引の税務

[講師名]佐藤信祐

[ジャンル]法人税、組織再編

[発売月]2011-10

〔講師紹介〕

税理士、公認会計士 佐藤信祐

朝日監査法人、税理士法人トーマツで実務に携わった後独立。

実務に即したわかりやすい解説には定評があり、著書・講演は

多くの実務家から支持されている。 



〔主要項目〕

◇無対価取引における基本的な取扱い

◇自己株式の無償取得

・法人株主との関係、個人株主との関係 など

◇株式の有利発行

・有価証券の取得者が法人・個人の場合の贈与税 との関係など

◇無対価合併 

・適格合併と税務処理 など

◇無対価分割