JPマーケティング株式会社

メールでのお問合せ

相続実務をスムーズにする戸籍・登記簿の〔読み方〕〔活用の仕方〕

相続実務をスムーズにする戸籍・登記簿の〔読み方〕〔活用の仕方〕
オススメ
商品名 相続実務をスムーズにする戸籍・登記簿の〔読み方〕〔活用の仕方〕
商品番号 0087-01
販売価格 25,000 円+税
個数
※配送は、基本的に土日祝日を除いた翌営業日です。
カートに入れる
高齢化社会がますます進む今後の日本において、<>相続の案件はますます増えていきます。しかしながら、その実務に関してuは税法のみならず様々な法律が関連してきます。この講座では、相続の実務を取り扱う際に避けて通れない〔戸籍〕と〔登記簿〕読み方を解説し、さらに事例を交えながら、それを実務にどう活用していくか、数多くの会計事務所のパートナーとして活躍した司法書士が解説します。



〔講座のポイント〕

1. 相続手続きにおける戸籍の重要性

2.戸籍在籍期間の注意点

3.戸籍を読む際に注意すべき点とは

4.離婚・婚姻の際の戸籍の注意点

5.養子縁組と離縁の際の気を付ける点とは

6.認知と廃除・代襲相続・数次相続の注意点とは

7.兄弟相続・家督相続(旧民法の適用の場合)

8.戸籍取得の際注意すべき点

9.不動産登記に必要な特殊な書類

10.不動産登記制度の公示力・公信力・対抗力

11.登記簿の表題部の注意点は

12.区分建物の注意点とは

13.甲区・乙区の間違えやすい点

14.登記簿を読みやすくするポイントとは

15.登記簿を読む際に間違えやすい点とは



収録時間 4時間 ◆DVD+CD+テキスト

定価 25,000円+税

※期間限定でCD版をお付けします



[タイトル]相続実務をスムーズにする戸籍・登記簿の〔読み方〕〔活用の仕方〕

[講師名]宮部岳彦

[ジャンル]相続・資産税

[発売月]2013-05





〔講師紹介〕

司法書士 宮部岳彦

毎年多くの相続案件を担当し、登記の実務家として活躍。数多くの会計事務所や金融機関のパートナーとして活躍し信頼されている



〔主要項目〕

◆相続手続における〔戸籍〕の読み方

・戸籍の種類・編成原因と消除原因

・実際に戸籍を読む・戸籍の取得方法・不動産登記に必要な特殊な書類

◆相続手続における〔登記簿〕の読み方

・不動産登記と登記簿について・不動産登記制度の効力 民法177条の対抗要件・登記簿の読み方