10,000社以上の企業との取引実績、研修用教材、映像研修、研修DVD

実務サポート.com
メールでのお問合せ
税務上の評価損の具体的な考え方と実務の取扱い
  • DVD
商品コード:
0225-01

税務上の評価損の具体的な考え方と実務の取扱い

販売価格:
18,000 円+税
数量:
会社の評価損の上手な出し方をこの講座では、様々なケースを取り上げ解説します。
コロナ禍の影響で、企業の業績が大幅に悪化するケースが見られます。その際に評価損をどのように計上するかは非常に重要な問題です。
この講座では、企業の評価損を計上する様々な事例を取り上げながら、実務上の注意点を取り上げながら伊藤先生が解説します。


〔この講座のポイント〕

・コロナ後における企業の現状
・売却損と譲渡損と評価損の違い
・評価損を計上できるケースとは
・関連会社の評価損の計上
・債権を回収できない場合の取扱い
・債権の切り捨て、貸倒れ
・一定期間取引停止後弁済がない場合の貸倒れ
・代理店契約が破棄された場合の取扱い
・ゴルフ場の経営が悪化した場合の会員権の取扱い
・貸倒損失に該当する債権放棄と取扱い
・株価が50%を下回る場合の株価回復の判断基準
・評価損を計上した上場株式が回復した場合
・仮想通貨の譲渡損益及び時価評価損益等
・会社の評価減と事業承継対策の注意点
・債務処理の手段に関して
・会社更生法改正時の財産評定に関するポイント
・時価の財産評定

収録時間 2時間20分
◆DVD版 DVD1枚+詳しいテキスト
[特別価格] ⇒ 18,000円+税
[タイトル]税務上の評価損の具体的な考え方と実務の取扱い
[講師名]伊藤俊一
[ジャンル]法人税、相続税
[発売月]2020-10

〔講師紹介〕

伊藤俊一 税理士
税理士資格取得後に、大手税理士法人にてメガバンク案件に係る事業承継対策、資本政策、事業再生を数多く経験する。
独立後は法人の資産税に関する実務の第一人者として、事業承継や遺言に関する実践的なアドバイスで、多くの税理士のアドバイザーとして活躍中。
メールでのお問合せ