9,000社以上の企業との取引実績、研修用教材、映像研修、研修DVD

実務サポート.com
メールでのお問合せ

消費税納税義務の判定と簡易課税制度の重点解説

消費税納税義務の判定と簡易課税制度の重点解説
商品名 消費税納税義務の判定と簡易課税制度の重点解説
商品番号 0207-01
販売価格 20,000 円+税
個数

※配送は、基本的に土日祝日を除いた翌営業日です。
カートに入れる
消費税の一番間違えやすい重要ポイントと実務上の解決方法をわずかな時間でマスターできます。

消費税は取扱いにおいてミスが発生する機会が一番多い項目です。特に税理士損害賠償においては、件数の過半数を消費税が占め、さらにその中でも簡易課税制度と納税義務の判定は損害賠償件数が一番多い項目となっています。
そこでこの講座では、最も間違えやすい2つの項目、消費税の納税義務と簡易課税制度に焦点を絞って、絶対にミスを引き起こさないように重要ポイントを解説しています。

〔この講座のポイント〕

◇基準期間における課税売上高の中で最も間違えやすい5つの項目
◇特定期間の判定に役立つ4つのポイント
◇課税事業者選択届出書の効力と注意点
◇相続があった場合と納税義務
◇資本金による判定の間違えやすい項目
◇特定新規設立法人
・納税義務判定の具体例①~④
・基準期間相当期間の具体例①~②
◇簡易課税制度
・選択届出書や選択不適用届出書の注意点
・相続があった場合の注意点
◇調整対象固定資産を取得した場合の3年縛り
 ※H22改正
◇高額特定資産を取得した場合の3年縛り
 ※H28年改正以降


収録時間 2時間30分
◆DVD版 DVD1枚+CD2枚+詳しいテキスト
⇒ 特別価格 20,000円+税

[タイトル]
消費税納税義務の判定と簡易課税制度の重点解説
[講師名]橋詰悠一
[ジャンル]税務、消費税
[発売月]2020-01


〔講師紹介〕

橋詰悠一 税理士
大学卒業後、会計事務所にて法人税や消費税や資産税など様々な分野の案件を経験した後に独立。
特に消費税に関しては造詣が深く、TKCの講師として、税率引き上げに伴う改正情報のセミナーを含め多方面で開催し非常に好評である。
また、現在各方面にて活躍中。


〔主要項目〕

◇基準期間・特定期間の注意点
◇課税事業者選択届出書の注意のポイント
◇相続があった場合の納税義務
◇特定新規設立法人
◇簡易課税制度選択届出書
◇調整対象固定資産を取得した場合
◇高額特定資産を取得した場合
メールでのお問合せ